福島県 福島市在住ハワイ大好きなフラ猫が綴る フラガールに憧れて初めたフラダンスと 憧れのハワイ旅行での体験談、次なるハワイ野望や その他もろもろの徒然日記
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07



| Login |


フラ猫の名刺です。

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年02月25日 (土) | 編集 |
今日の福島市、ものすっごい雪が降った


寒さは、部屋のストーブの温度計が『LOW』の表示が無いだけ、いつもに比べればそんなに厳しくはないかな?


でも窓から見える外の景色が白いってだけで、つい身震いしちゃう。。。


もうユニクロのヒートテックじゃなくて、サラファインインナーを着たい!!


フラのレッスンで大好きなハワイアンソングを聴くたび、早く夏になれ~!って思う今日この頃。


もう一度、ハワイに行きたいなぁ~


ハワイって、島自体がエンターテイメントだから、どこに行っても何をしてても、極端な話、ぼ~っとしているだけでも楽しめる。


太陽の光が日本とは全然違う。


植物にしても、風景にしても、全ての色がハッキリとしていて目に見える光景がキラキラ輝いている!






ハワイのロコたちも、暖かい気候の影響なのか心がとてもオープンな方たちばかりで、日本のような本音・建前(どころか腹の探りあい)的なものは無くって、片言での英会話だけど会話しているととても楽しい






五感で楽しめるハワイ。


もう少し、この忙しい時期と気持ちが落ち着いてきたらもう一度行くんだっ





にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑↓クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ

スポンサーサイト

2011年06月23日 (木) | 編集 |
最近どうも気持ちの浮き沈みが激しいような気がする。


肉体的疲れはあまり無い…


となると、どこかフラ猫の精神にダメージが有るのだろうか。


梅雨という一年間の中で最も気持ちを暗くさせる季節のせいだろうか。(私がそう思い込んでるのか)


不満がある、という訳ではない。


表現しにくい、この感情はなんなのだろう?


悶々とした心で日々過ごす中で、先日写真の整理をしていたら2009年にハワイに行ったときの写真が出てきた。

2009ハワイ52



ハワイで飛行機から降り立った瞬間に、とても力強いパワーを感じたのを覚えている。


太陽のまぶしい光だったり、迷彩がはっきりしている美しい風景だったり、陽気に話しかけてくれたロコ達だったり、


とにかくハワイでは元気をたくさんもらった。


大好きなフラのステージも間近で見ることが出来た。


ハワイには、マナがあふれていると思った。



来年か、その次の年か、現状が落ち着いてきたら、休暇を取ってゆっくりハワイに行こう。



そしてたくさん元気をチャージしよう!


2009ハワイ59




2009ハワイ36





にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑↓クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ





2011年06月07日 (火) | 編集 |
今日の福島は暑かった。


福島市内の不動産会社に勤めるフラ猫の会社も例外なく、節電に取り組んでいる。


もちろん、気温が30度を超えてもエアコンはつけない。


パソコンは4台稼動しその熱も加わり、室内はムッとした熱気に包まれるのだが、こればっかりはお客様にも協力してもらわねばなるまい。


会社では制服を着用しているのだが、制服は暖める温度調整はできても涼しくすることには向いていないようだ。


そこでこれからの暑さ対策として会社のミーティングとして上がったのが、


スーパークールビズ

※スーパークールビスとは……環境省がジーンズやアロハシャツなど、従来の「クールビズ」よりも涼しいカジュアルな服装での公務を認め、普及させるためのキャッチフレーズ。福島第一原発事故を受けて夏の電力供給が滞ることを予想、冷房時の室温を28度にする期間を例年から2カ月長い5~10月と促すのに伴い、導入。新潟市もイベント告知を兼ねて公務中のTシャツ着用を検討している。


ようはとことんラフな格好で仕事ができるという政策だ。


しかし、身だしなみの重要性を入社時のオリエンテーションの時から深層心理に受け付けられてきている私達は、正直この政策に戸惑うことが多い。


シワのないスーツにキレイにアイロンのかかったシャツ、そのシャツに合わせたオシャレなネクタイをし、泥一つ無いピカピカに磨かれている靴を履きこなす男性が、夏はTシャツにハーフパンツ、足元はサンダルといった格好で自宅に営業に来られたらどうだろう?


「大事な契約の話なのになんでこんな格好で…」


緊張した心構えでいれば、ガッカリしてしまう方も多いだろう。


私達の深層心理では


身だしなみが整っていない=ホワイトカラーなのにスーツではない=だらしない


という方程式ができるので、この政策を受け入れるのにはまだまだ時間がかかりそうだ。




しかしながら、文化が違えばそれが正装なのである。


ハワイではアロハシャツがフォーマルスタイル。


ドレスコードーのあるお店では、チェックのシャツはNGだがアロハシャツはOKというレストランも有るそうだ。


アロハシャツを日常的に着れば、日本でもそれが日常になるのではないか。


日本の街中がアロハストリートになる時もいつか来るのかもしれない……。



にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑↓クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。