福島県 福島市在住ハワイ大好きなフラ猫が綴る フラガールに憧れて初めたフラダンスと 憧れのハワイ旅行での体験談、次なるハワイ野望や その他もろもろの徒然日記



| Login |


フラ猫の名刺です。

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月12日 (日) | 編集 |
おはようございます

今日の福島市内の天気は曇り空

もう何日も雲ひとつ無い青空というのを拝んでいないため、この曇り空が日常的な天気なのかもぉッ!なんて、さも面白みの無い錯覚にとらわれているフラ猫ですが……

週に一度、土曜日のこの日はココロが晴れます



昨日はフラレッスンでした

『PUPU A'O EWA  ププ アオ エバ』 (クリックすると音楽が聴けます♪)

自身もクムフラ(フラサークルの先生、伝承師)であり、ハワイアンミュージックの巨匠と呼称される、ケアリイ・レイシェル

彼が唄うこの曲をメインにフラレッスンがおこなわれています

曲は軽快で、アップテンポなため自然と気持ちも高揚してくる曲なのですが…

アップテンポという事はステップを踏むのも早くなり、しかもたくさんのステップが入り混じっているためノリと勢いだけではどうもついていきない……ッ(悲)

先生がこの曲に合わせた振り付けはものすごくキュート
ウリウリを右手だけに使用するといったものですが、この振り付けが本当に多種多様で、ステップに気を取られているとハンドモーションが曲に遅れてしまうという難しさ…えぇ

途中、レレラウンドで腰の辺りでウリウリをスイングする振り付けなんかは、わたくしめがやるときんちゃん走りになってしまうんですね~。。。
先生がやるとカワイイのに……


曲が速いとステップを速く踏まなきゃ!と焦ってしまい、列に並んでいると前にいる人と動きがずれてしまう事ってありますよね


先生は最近、床に黒いテープを一直線に引き、その黒いテープを両足ではさんで列を作り、前にいる人とステップの歩幅が同じになるようなレッスンをおこないます。

カホロステップを2カウント(右に行って、左に戻ってくる)踏むと元の位置に戻ってくるのはフラを経験されている方であればご存知だと思いますですが、カホロステップを数回踏むと、意外と最初に立っていた位置とずれるみたいです

わたくしめの身長は152センチと決して大きいとは言えないのですが、ステップの歩幅を合わせる練習をするとき、身長が160センチ以上の方が前にいると結構歩幅がずれている事に気が付きます

8センチの身長の差ででそんなに歩幅が変わるものかな?と思っていましたが、数回同じステップを踏むとずれが段々と大きくなってきます。


フラは団体だと列になって踊ることが多いので、自分の前にいる人に歩幅を合わせるのが重要なんだな~と思いました。


しかしそうした時にせっかくのステップの形が崩れてしまってはもったいないので、ステップにしても基礎をもっとしっかり練習しないと


ブログ村ランキングに参加しています。

 よかったら応援お願いします
バナー


↑クリックで応援です






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。