福島県 福島市在住ハワイ大好きなフラ猫が綴る フラガールに憧れて初めたフラダンスと 憧れのハワイ旅行での体験談、次なるハワイ野望や その他もろもろの徒然日記



| Login |


フラ猫の名刺です。

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年06月07日 (火) | 編集 |
今日の福島は暑かった。


福島市内の不動産会社に勤めるフラ猫の会社も例外なく、節電に取り組んでいる。


もちろん、気温が30度を超えてもエアコンはつけない。


パソコンは4台稼動しその熱も加わり、室内はムッとした熱気に包まれるのだが、こればっかりはお客様にも協力してもらわねばなるまい。


会社では制服を着用しているのだが、制服は暖める温度調整はできても涼しくすることには向いていないようだ。


そこでこれからの暑さ対策として会社のミーティングとして上がったのが、


スーパークールビズ

※スーパークールビスとは……環境省がジーンズやアロハシャツなど、従来の「クールビズ」よりも涼しいカジュアルな服装での公務を認め、普及させるためのキャッチフレーズ。福島第一原発事故を受けて夏の電力供給が滞ることを予想、冷房時の室温を28度にする期間を例年から2カ月長い5~10月と促すのに伴い、導入。新潟市もイベント告知を兼ねて公務中のTシャツ着用を検討している。


ようはとことんラフな格好で仕事ができるという政策だ。


しかし、身だしなみの重要性を入社時のオリエンテーションの時から深層心理に受け付けられてきている私達は、正直この政策に戸惑うことが多い。


シワのないスーツにキレイにアイロンのかかったシャツ、そのシャツに合わせたオシャレなネクタイをし、泥一つ無いピカピカに磨かれている靴を履きこなす男性が、夏はTシャツにハーフパンツ、足元はサンダルといった格好で自宅に営業に来られたらどうだろう?


「大事な契約の話なのになんでこんな格好で…」


緊張した心構えでいれば、ガッカリしてしまう方も多いだろう。


私達の深層心理では


身だしなみが整っていない=ホワイトカラーなのにスーツではない=だらしない


という方程式ができるので、この政策を受け入れるのにはまだまだ時間がかかりそうだ。




しかしながら、文化が違えばそれが正装なのである。


ハワイではアロハシャツがフォーマルスタイル。


ドレスコードーのあるお店では、チェックのシャツはNGだがアロハシャツはOKというレストランも有るそうだ。


アロハシャツを日常的に着れば、日本でもそれが日常になるのではないか。


日本の街中がアロハストリートになる時もいつか来るのかもしれない……。



にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑↓クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ




スポンサーサイト

2011年06月07日 (火) | 編集 |
hulaneko

今夜の三日月、笑ってる。
06-06 20:21



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。