福島県 福島市在住ハワイ大好きなフラ猫が綴る フラガールに憧れて初めたフラダンスと 憧れのハワイ旅行での体験談、次なるハワイ野望や その他もろもろの徒然日記



| Login |


フラ猫の名刺です。

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年04月20日 (金) | 編集 |
昨日は会社のお花見だったのだ~

不動産会社に所属するフラ猫、1月~3月は何かと繁忙期なため、ゆっくりと外に目を向けて移り変わる季節を感じることがしばらく出来なかった。
昨日のお花見は久々に自然に触れ合うことが出来て本当に嬉しかった




写真は福島市内にある信夫山の桜!

まだ5分咲くらいだけど、この頃の桜が一番鮮やかな濃いピンク色をしていてとてもキレイ

しかも今年は葉っぱも一緒に開花するっていう現象がおきていて、なんか珍しい桜になった


いつもならこの季節はサラダにしたらおいしそうな新緑の季節なんだけれども、

冬が寒かったせいか、まだまだ木々も茶色いまま。。。

でも、だからこそ殺風景な山に鮮やかな桜の花びらの色は余計に見るものの目を楽しませてくれる


我が家の桜はまだ蕾のままだけれど、(福島市内よりだいぶ標高が高いもので…
その分ながーく桜を楽しめそう!


東北の桜はこれからが本番!


GWも来週に迫っていることだし、

みんな見てがっせよ~♪♪♪

にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑↓クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ




スポンサーサイト

2012年04月19日 (木) | 編集 |
突然ですが、フラ猫、今月の27日と28日に四国の愛媛県松山市に行ってきます。


いやいや、旅行ではないでありんす。


なんとなんと、フラの遠征です!!
(遠征って聞くとプロジェクトDのイメージだお


愛媛県松山市といえば松山城

概要 [編集]松山市の中心部、勝山(城山)山頂に本丸を構える平山城である。日本三大平山城にも数えられる。山頂の本壇にある天守(大天守)は、日本の12箇所に現存する天守の一つである。この中では、姫路城と同じく、大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を渡り櫓(廊下)で結んだ連立式で、日本三大連立式平山城にも数えられる。

幕末に建築された大天守ほか、日本で現存数の少ない望楼型二重櫓である野原櫓(騎馬櫓)や、当時の土木技術としては特筆される深さ44mにおよぶ本丸の井戸などが保存されている。敷地一帯は国の史跡に指定されており、建造物21棟は国の重要文化財に指定されている。ミシュランの観光版(ギード・ベール)日本編では二つ星に選定された[2]。
 ※WIKより

古くは1602年、加藤嘉明が城の建設に着手し、その後に幾度となく増改築を繰り返され、勝海舟の手によって砲台なども取り付けられ、ちょっとした要塞になっていたそう。

その松山城前の公園で、今回はステージがあるのです!!

歴史の残るステージでのフラ出演…。。。

胸が熱くなる!


4月28日(土)に出演します。



福島からフラで県外に行くのって、なんとなくいわきのフラガールのキャラバンを彷彿させるよね

昨年の大震災があって、ハワイアンズが修復中のときにフラガールたちがスマイルキャラバンと称した全国行脚を行ったのはあまりにも有名な話。

各地で、それはもうステキな笑顔でフラを披露されたそう


私も、ハワイアンズのフラガールたちに負けないくらい、活き活きと輝くフラを披露できるように、がんばろう







にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑↓クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ





2012年04月10日 (火) | 編集 |
こんばんみっ!


今日の福島はあったかかった~(^ω^)


もう、すっかり春だねぇ~

春眠暁を覚えずってか~

フラ猫もゴロゴロするのに忙しい季節になったなぁ。


でも先週は雪が降っていた!
(ちなみに雪は風に流されて横に降っていた。。。)


先週までは部屋のストーブもさすがにマイナスの表示は出ないけれど、朝起きて誰もいない台所で吐く息は白くなるくらい気温は低かった。


なのに!
あんだけ寒かったのに、今日はその寒さも忘れるくらいの暖かい日差しに恵まれるなんて、嬉しさ無限大、日焼けの恐ろしさ宇宙域


本当、いい季節になってきたねぇ

冬は寒いし雪降るし凍えるしとても厳しいけれど、

そんな冬のおかげで暖かい春の訪れをよりありがたく感じれる。






昨年の自宅の桜です。

桜って、日本人にとっては春の代名詞だよね。

蕾が膨らんで、開花してから散るまで約1週間。

あっという間の期間なのに、そこに存在するだけで目を奪い、見る者の心を捕らえてやまない。




昨年、大震災の影響で根が傷んでしまった我が家の桜。

それでも写真のように、枝という枝に花びら咲かせてくれた。


地震は自然がもたらした脅威だったけれど、

桜は自然がくれたプレゼントだった。


今年もたくさん咲くといいなぁ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。