福島県 福島市在住ハワイ大好きなフラ猫が綴る フラガールに憧れて初めたフラダンスと 憧れのハワイ旅行での体験談、次なるハワイ野望や その他もろもろの徒然日記



| Login |


フラ猫の名刺です。

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年03月02日 (土) | 編集 |
こんんばんは!


最近すっかりブログから離れていたフラ猫だけど…


更新を停止したわけではないので、どうぞあーたたたたっ!!かい目で、末永く見守ってやって下さいませ。




フラ猫


この名前は、


もちろん、本名ではございません。


フラダンスを踊る猫好きな人間。


それがフラ猫の名前の由来です。


えっ?単純明快すぎてつまらん?もっとひねれ???


まぁまぁ奥さん。


奥さんだってだんなさんにストレートな物言いしてるじゃないですか





そんなフラ猫の最近のモットーは、


『いかに相手を罰するかではなく、いかに相手を許せるか』


かつて、天下を統一した豊臣秀吉。


日本一の大出世をした超大物で、知らない人はいないと思う歴史上の偉人


彼のもとにたくさんの有能な人材が集まり、大きな信頼を得ていたそうです。


人望の厚い人柄であった豊臣秀吉は、器の大きい人間としても有名でした。


メジャーなエピソードとしてはこんな話があります


豊臣秀吉はその昔、ペットとして鶴を飼っていたそうです。


秀吉は、たいそうこの鶴をかわいがっていました。


ある日、鶴の世話人が誤って鶴を逃がしてしまいました。


世話人は切腹か打ち首覚悟で、この事実を報告しました。


すると秀吉はこんなことを世話人に尋ねました。


「逃げた鶴は国外まで飛んで行ったのか?」


「はっ?い、いえ、国内にいるかと思いますが…」


「そうか、ならワシの庭にいるのと一緒だな。構わん」


秀吉の器の大きさがわかるエピソードです。


誰かがミスをして思うとおりにいかなくても、怒るのではなく相手を許す。


こんなに気持ちのいい人なら、心から信頼されるのも納得です。





そして私のもう一つのモットーが、


『自分の機嫌は自分で取る』


誰かにいやな事をされたり、


生理が近くってイライラしたり、


そんな時ってついモノにあたったり、身近な人にあたったりしてしまうものですよね。


でも、それで誰かが得をするのかな?


イライラは伝染します。


自分が機嫌が悪い時は、周りの空気も悪くなっていることに気が付きます。


隠していても、意外と周りには伝わっているものです。


自分の機嫌は自分で取り、自己完結する。


自然体でいれるようになって、笑顔が増えて、周りにも笑顔が増えていくような気がしませんか?


いつも眉間にしわが寄っている人より、一緒にいるならニコニコしている人の方が明るい気持ちになれます。


同じしわなら、眉間よりも目じりに作りたいな





モットーを忘れずに、これからの人生歩んでいこうと思います



にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑↓クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。