福島県 福島市在住ハワイ大好きなフラ猫が綴る フラガールに憧れて初めたフラダンスと 憧れのハワイ旅行での体験談、次なるハワイ野望や その他もろもろの徒然日記
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10



| Login |


フラ猫の名刺です。

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年08月22日 (日) | 編集 |
こんばんは!


今日も下界は暑い一日になったそうですねぇ;;


おや?


何ゆえこの文章の出だしはこんな他人事なのかしらと思ったそこの貴方様!


本日フラ猫は福島県が誇る名山、磐梯山へトレッキングに行ってまいりました~!


磐梯山…猪苗代湖の北にそびえる活火山(成層火山)で標高1,819m。広義的には、主峰磐梯山のほか、赤埴山(1,430m)、櫛ヶ峰(1,636m)を含めて「磐梯山」ともしている。磐梯高原を含めて磐梯朝日国立公園に属する。

元は『いわはしやま』と読み、『天に掛かる岩の梯子』を意味する。

磐梯山の麓は南が表磐梯、北が裏磐梯と呼ばれる。表磐梯から見る磐梯山は普通の山であるが、裏磐梯から見ると、一変して山体崩壊の跡の荒々しい姿を見せる。

2007年、日本の地質百選に選定された。

(ウィキペディアより)




標高が高いと本当に涼しいのですよ☆



時事ネタ14


時事ネタ15

出発点は八方台登り口。

観光スポットとして有名な磐梯山のゴールドラインの料金所入り口から入って5分ほど車を走らせたところにあります。

この日はお天気も良好のためか、県外ナンバーの車がたくさん停車しておりました。


時事ネタ16

マジっすか(・Д・;)


ま、まぁそんな事もあろうかとちゃ~んと準備してきましたゼ!


時事ネタ16-2

クマ除け用 便利グッズ 『鈴』!!


勇気の鈴がリリンリ~ン♪♪♪


時事ネタ17

アンパン○ンに元気をもらい、いざ出発です!!!


時事ネタ18

AM10:20スタート!


時事ネタ19

美しいブナの原生林。

木漏れ日と緑のコントラストがとても美しく、目と心を癒してくれます。


時事ネタ20

途中、ぬかるんでいるところが要所要所にありました。


時事ネタ21

でもってこの結果。

う○ち踏んだみたいですね…。


時事ネタ22

登山口から1.2キロメートルほど歩くと、こんな開けた場所に出ました。


時事ネタ23

温泉があるみたい。


でも…



時事ネタ32


だいぶ前に営業は終わっているようですね。



時事ネタ33

壁や屋根はボロボロ。

中をのぞくと床に穴が開いていたり、もう何年も放置されていたのがわかりました。



時事ネタ34

周りはほとんど雑草に覆われています。

いつかこの建物も自然に還っていくのでしょうか。



時事ネタ24

手前の沼(?)は雨が溜まったものだと思われますが、奥の白色の水溜りはもしかしたら温泉として使われていたものでしょうか?


調査入りま~す(゜∀゜)ノ!


時事ネタ25


近くに寄ると火山ガス独特のあの硫黄臭さがツンと鼻をついてきました。


白…というよりは緑でしょうか。これも火山ならではの自然現象ですかね。

(ちなみに磐梯山は活火山といわれているようです。過去には死者を出すほどの爆発した記録も有ります。
詳しくはこちらをクリック→磐梯山噴火の研究


時事ネタ26


温泉(だったもの?)からはポコポコと気泡が噴出していました。


時事ネタ27

うひゃっ!

あっつい!!!


あれ?でも…


時事ネタ28

こっちは冷たい(?_?)???


同じ温泉で同じ量の気泡が噴出しているのに、場所によって温度差がありました。


時事ネタ29

この泥は美顔エステになるかしら…。。。

意外とサラサラした白泥でちょっとビックリ。



時事ネタ30

温泉の隣りに流れていた小川は対照的に真っ赤!


時事ネタ31

こんなにもくっきりと白と赤が分かれているなんて!!!


自然が創り出す造形物に本気で感動しました。




さて。

小休憩を兼ねた調査も一通り済んだところで 出発です!!


時事ネタ35


次回は磐梯山の難所、急勾配ゾーンからアップしたいと思います。


登山口から順調だったトレッキングですが、この試練の急勾配にツレが意外な行動に走る!???


トレッキング初心者が頂上に向かうのをふるい落とすかのような登り口!


フラ猫たちは無事頂上までたどり着くことができるのだろうか!???


次回 乞うご期待(^^)☆








※ブログランキング参加中!応援お願いします!!



にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

↑さらにクリックで応援です





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。