福島県 福島市在住ハワイ大好きなフラ猫が綴る フラガールに憧れて初めたフラダンスと 憧れのハワイ旅行での体験談、次なるハワイ野望や その他もろもろの徒然日記
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07



| Login |


フラ猫の名刺です。

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年03月18日 (金) | 編集 |
強い余震が一晩中続きました。

揺れを感じるたびに、家がミシミシと音を立て、目が覚める。
そんなふいの目覚めを幾度も起こさせる夜でした。

それでもお布団で寝れている事実が

ただ、

地震は、起きた時よりもその後が大災害なのだと、このときは知る由も有りませんでした。


地震発生2日後。

天気は快晴。

ポカポカと暖かい日差しが降り注ぐ日でした。

この日は壊れた自宅部分の修復作業をおこないました。



3月12日


この日は、福島でフラ&ハワイアンフェスティバルが行なわれる日でした。

ハワイの歌姫Ms.ライアテアや、Ms.アリアナが福島に来る!
彼女達と同じステージに立つことが出来る!

私達のスクールでももう何ヶ月も前からこの日に向けてレッスンに取り組み、準備をしてきました。
みんな楽しみにこの日を待っていました。


今回の未曾有の大災害を誰が予測していただろう?


公演会場だった県文化センターはまだ続く余震で建物の損壊が進み、予断を許さない状況。

街の道路には自衛隊の緊急車両が行き交い、昨日までの風景と一変。

新聞、テレビでは青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉の沿岸部に津波が押し寄せ、壊滅状態と報道。

死者、行方不明者多数。

通信手段が限られ、孤立した地域が続出。あまりにも広範囲のため、政府も全体を把握しきれない。


とてもとても笑顔でフラを踊れる状況ではありません。


そしてこの日からガソリンスタンドではガソリンと石油が完売となり、
スーパーでは食料品が消え、
被災地に物資が届かない現実が始まりました。



けれども、
この状況でも皆さん冷静でした。


スーパーなどではお年寄りが優先され、ガソリンスタンドでは必ず列を作り、順番を守る。


秩序が保たれ、助け合う気持ちがそれぞれに芽生えていました。


皆さん、思いは一緒でした。


沿岸部では津波により帰る家を、家族を失った方々がたくさんいます。

私達は内陸部だったので、建物の損壊はあるものの家自体は存在するし、家族はバラバラになっていない。

生きているだけでも幸せなのだ、と。





物資の不足や寒さを耐えることは、協力し合えばなんとかなるものです。

ですが私達はもっと重大な局面を迎えました。

見えない脅威が迫ってきていました。





にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。