福島県 福島市在住ハワイ大好きなフラ猫が綴る フラガールに憧れて初めたフラダンスと 憧れのハワイ旅行での体験談、次なるハワイ野望や その他もろもろの徒然日記
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11



| Login |


フラ猫の名刺です。

--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月24日 (日) | 編集 |
木曜日


この曜日は私のフラレッスンの日。


19:30~21:00 フラ(アウアナ・カヒコ)
21:00~21:30 タヒチアン(アパリマ・オテア)


日程は上記の通り。


21日(木曜日)、あの大地震の後、初めてフラレッスンに参加した。


不動産会社に所属している私の最近のスケジュールは多忙だ。


自宅が津波の被害に遭われた方、原発の避難区域に指定されてしまった方々への住宅提供をするのが私の仕事だ。


まだまだ避難所で生活されている方が多い中、1人でも多く、一日でも早くプライベートな空間で過ごしてもらえるよう日々尽力している。


21日は、早く仕事が終わり体力的にも余裕があったためレッスンに向かった。


久しぶりの教室は、だいぶ様変わりしていた。


初めてみる顔が多い。


この状況下、ほかの教室の生徒が混合でレッスンを行っているらしい。


それは特段気になることではないのだが、


いつものメンバーが足りない。


レッスンに来るといつも会えると思っていただけに、悲しかったが、彼女には彼女なりの事情があったのだろう。


そう、理解する事にした。


からだを動かすのは本当に久しぶりだった。


汗をかくと不思議と心もすっきりするものだ。


それに、同じ教室のメンバーが私を温かく待っていてくれたのが、


本当に、


本当に、


うれしかった。





地震、津波、


3月11日の大震災は、大地と海からの恐怖を振りまいた後、原発問題を産み落とした。




震災は、まだ続いている。



いつものメンバーが揃ってフラのレッスンが行われることを、切に願う。





にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

↑クリックで応援です

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
スルガ銀行からも住信L
2011/04/24(日) 18:20:48 | 不動産投資におけるノンバンクの活用法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。